ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

第71回「正倉院展」

11月13日 晴れ

清々しい秋空のもと、仲良しの友人と、今年も「正倉院展」に行って来ました。

今年は東京国立博物館と同時開催です。

令和最初の御即位記念だけあって、とても見応えがありました。

(読売新聞 正倉院展特別版より)

“教科書で見た見た~っ!”と誰もが言う「鳥毛立女屏風」が

第一扇から第六扇まで全部揃って展示されていました。

肌色がこれ程色鮮やかに美しく残っているとは・・・!!

ふっくらとした手の表情のなんと豊かな事・・・!!

歌麿や北斎が描く浮世絵の「手」の源流は、まさにここなんだ!!

と、自分の中での新発見に驚きを隠せませんでした。

天平から江戸へ連綿と受け継がれている事に、心揺さぶられる思いがしました。

そして、もうひとつの驚きは「紺玉帯残欠」です。

青い宝石・ラピスラズリで飾られた革の帯です。

“ラピスラズリ”といえば・・・

そう!!・・・オランダの画家<フェルメール>ですよね。

彼が愛した貴重な“青い石”がもうすでに8世紀の日本に、

それも、聖武天皇愛用のベルトに使われていたという驚きです!!

凄い!!の一言。

また、聖武天皇が儀式の時に履かれた「靴」も素晴らしかったです。

赤く染めた牛革、内面の柔らかい鹿革の白革、真珠や水晶、瑠璃ガラスの装飾。

1300年前に実際に使用されていた現物を目の前にした瞬間は

まさに、タイムスリップした瞬間でもありました。

その他、螺鈿箱、染め象牙のものさし、紫檀の絵付き香炉等々・・・

今年もまたまた、光明皇后に感謝しながら、会場を出ました。

外は綺麗な秋の雲が、奈良国立博物館の上に広がっていました。

<素敵な一日を有難うございました。>

2019年11月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yuko

「ナターシャ」です。よろしくね!!

 

11月8日 晴れ

朝夕の空気が冷たく感じられるようになりましたね。

さて・・・

~くらしと生協~による「川﨑裕子の抱き人形」がいよいよスタートしました。

今年は11月4日から「厳冬号」にて販売開始です。

ふわふわ、もこもこ・・羽毛付きケープと

サプライズプレゼントが入ったポシェットが付いています。

ホワイトクリスマスの“雪”をイメージしました。

名前は「ナターシャ」です。

よろしくね!!

また、皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

2019年11月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yuko

個展、無事終了!

10月15日

個展、無事終了致しました。

お忙しい中、ご来場くださった皆様に心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

これからも精進を重ね、自分なりの人形を作って参りたいと思います。

どうか宜しくお願い申し上げます。

 

 

2019年10月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yuko

個展二日目

10月11日 曇り

まだまだと思っていた個展、あっという間に二日目になりました。

初日の昨日は、東京の友人がご主人様と一緒に来てくださり

そして今日はパリ展でお世話になった瀧氏をはじめ、

懐かしい方々とお会いでき、大変嬉しかったです。

人形達が引き合わせてくれたようで胸いっぱいです。

お手伝いをしてくれた元生徒にも感謝です。♥ ギャラリー正面入り口

 T氏所蔵の作品

 

ビスクスリムドールと信楽のレリーフ

 

 

2019年10月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yuko

いよいよ明日搬入

10月8日 雨のち曇り

15年ぶりの今回の個展。明日、いよいよ搬入です。

新旧合わせて40点余りになりました。

新作100㎝のオールビスク3体、75㎝のオールビスク2体の他

大好きなカメオをビスクで仕上げた“ビスクカメオ”のレリーフ数点など

人形だけではなく、レリーフの面白さも見て頂けるのではないかと思っています。

作品集に載せている「カオス」や与謝野晶子の歌からイメージした、イチョウを擬人化した

「金色の舞」の他、信楽の土で作った即興のレリーフ(手足、横顔)等々・・・・・

 ビスクカメオ

 金色の舞

 信楽のレリーフ

 

因みに、信楽のレリーフは・・・・・

今、NHK朝ドラで放映中の「スカーレット」の撮影現場となっている

のぼり窯で有名な窯元さん(宗陶苑様)で25年程前に作ったものなのです。

粘土だけではなく、焼き物もしたくて、旦那様の友人のご親戚のところでお世話になりました。

朝ドラを見てびっくりです!

懐かし~い!!

工房では陶工の方の邪魔にならぬよう、隅っこでひとり黙々と作っていました。

 

最初に“菊練り”を教わった時、

無知な私は「焼き物は、窯の温度や状態によって焼き上がりが変わってしまい、

偶然に左右されるのですね~」と生意気にも、知ったような事を言ったのです。

すると・・・・

「偶然を必然にするのがプロなんや!!」と一言・・・

私は自分の未熟さを恥じました。

職人魂の神髄に触れ、今でも忘れることのできない大切な“金言”として心に刻んでいます。

僅か数か月でしたが、貴重な経験をさせて頂きました。

 

物を作るという事は、自分自身を作っていく事なのかも知れませんね。

35年を振り返り、懐かしい人形達を梱包しながら、そう思いました。

教室を閉めて7年余り。果たしてどれくらいの方にご来場いただけるか全く予想が付きませんが

人形を通して、素敵な出会いがありますよう心から願っています。

2019年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : yuko